TOP > 高額になるiphoneの修理にはAppleCareがお勧め

高額になるiphoneの修理にはAppleCareがお勧め

Appleの製品にはAppleCare+という有料の延長保障があります。


iphoneにも適用できます。

通常は、1年間の製品保障と90日間の無償電話サポートがついていますが、AppleCarefor+iphoneに加入すれば、購入日からどちらも2年間に延長され、修理料金も最大2回まで4,400円で済みます。

ただし、AppleCare+は、iphoneの購入から30日以内でないと入ることができず、いざ故障してからあわててAppleCare+に入ろうとしても既に期限が過ぎている場合には、どうしようもありません。
AppleCare+の料金は、AppleStoreでは8,800円で購入でき、各電話会社でiphone購入の際には分割払いも選択できます。

料金に若干の違いがあるので注意が必要です。一見するととても高いように感じますが、果たしてそうでしょうか。

参考までに、もっとも一般的な故障である画面が割れた場合の交換修理費用ですが、iPhone5の場合には20,000円程度かかります。もちろんこれは修理が可能だった場合で、修理不可能の場合にはどうしようもなくなってしまいます。

もし分割で購入していたら、もう使えないiphoneの為に毎月料金を支払い続なければいけないという自体になるのです。
ちなみに、バッテリー交換修理の場合には、6,800円程度です。この場合だと、AppleCare+に入るメリットをあまり感じません。



とはいえ、2年程度でバッテリーが完全に駄目になるという故障は稀でしょう。

AppleCare+に入った方が良いかどうかは一概にはいえません。


iphoneの液晶画面はハードコートがされており、特にiphone5においては、かなり割れにくいガラスが採用されています。ただ落としただけでは、ほとんど割れることはありません。



とはいえ、石の上やとがったものの上に落ちてしまった場合には、割れ、亀裂が入ってしまうのです。

こういった事故は決してめずらしいことではあありません。



また、AppleCare+は水没にも対応しているので、もしものときにAppleCare+の修理サービスはとても頼りになるのです。